建築の図面と、念入りに照合をする必要がある

おしゃれなインテリアは、家の中に収まるかどうか慎重に検討する

やがて多くのハウスメーカーは、建築本体のハードな部分は設計士が担当し、インテリアなどのソフトな部分はインテリアコーディネーターに担当させるようになってきました。インテリアコーディネーターは最低限の建築知識を持ち合わせていますが、なかには設計図を読めない人も少なくありません。またどちらかといえば、内装材や家具・カーテン・照明器具のプランプレゼンテーションをして、顧客に採用してもらった結果、その物販で報酬を得ているケースも多くあります。

設計士にも「松竹梅」があるように、インテリアコーディネーターもご多分にもれず「松竹梅」の程度の差が大きいといえます。この分野は、個人の好みの差が激しいソフト面のアドバイスをするわけで、インテリアの選択肢は広範囲にわたるにもかかわらず、コーディネーターたちの報酬はそれほど高いとは言えず、マンネリ化した提案も多く見かけます。また、見た目の雰囲気づくりに走りすぎる傾向もあり、照明器具などは提案どおりに選んだ結果、照度が不足し、スタンドを追加しないと暗くて仕方ないといったクレームもよく耳にします。

システムキッチンなどは、インテリアコーディネーター自身が設計するわけではなく、システムキッチンメーカーに設計をさせ、その図面をもとにカウンターの色や扉の色の提案をしてコーディネートをしているのが大半です。ハウスメーカーの標準的なキッチンや洗面化粧台を採用する場合は、色のコーディネートだけですから大きな問題は発生しませんが、特別にデザインをしたキッチン・洗面化粧台・造作家具などは、建築の図面との照合ができていないために、現場で寸法間違えのために収まらないといった事例にもよく出くわします。
もうすぐ、パークハビオ恵比寿が完成するらしいです。このマンションの周辺にはコンビニやスーパー、銀行などあらゆる生活に必要な施設が揃っているので、住み心地良さそうですね。
山手線を頻繁に利用するわたしは、豊島区 高級賃貸に引越しました。池袋は山手線が通っているだけでなく、他の路線や地下鉄、都バスも通っているので移動が楽です。
今まで一度も購入したことがないので、テント 価格をインターネットで調べてみることにしました。評価の一番いいものが割り引きされていたので、それに決めようかと思っています。
大阪府茨木市から引っ越してきた友人は、関西からの格安引越しで有名なアイビス引越しセンターを利用したそうです。大手と変わらないような対応で良かったそうです。
いまの家の家具は、すべて千葉 家具の西船橋店で揃えました。特に気に入ってるのはソファで、すわり心地がとってもいいんですよね。リラックスできます。


そこで設計者は、ルーフバルコニーを空中の庭として提案することがあります。今までルーフバルコニーのある家に住んだ経験のないかたは、この提案をとても魅力的と感じることが多いようです。しかし、日本の都市環境と気候風土を考えてみると、そのルーフバルコニーは必ずしもいいことばかりではありません。

いったい1年間で屋上を利用できる期間はどのくらいあるのでしょうか?冬の間は寒風が吹き付ける屋上に長時間いることは考えられません。夏の間も暑い日差しが直接当たり、床は素足で歩けないほど熱せられています。梅雨時は毎日の雨でわざわざ屋上には行かないでしよう。こう考えると、ルーフバルコニーが本当に快適と思われる期間はとても短いのではないでしょうか。

新着情報
2013/10/15 おすすめ記事を更新しました。
2013/10/11 新着記事を更新しました。
2013/10/10 ルーフバルコニーを更新しました。
2013/10/07 地下室の施工を更新しました。
2013/10/05 地下室付きの建売を更新しました。
2013/10/03 コーディネーターを更新しました。
2013/10/02 おしゃれなインテリアは、家の中に収まるかどうか慎重に検討するを更新しました。
2013/09/29 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
ホームアドパーク賃貸・不動産情報サイトアットホームさとハウス
全国の賃貸情報を検索できるサイト。新着物件をメールで知らせたり、目的別で物件検索できるのが特徴。賃貸と購入、売却などの情報を検索できる。地図、路線、通学時間等から検索することができる。荻窪を中心に女性スタッフが運営する開業10年の不動産会社。オープンカフェのような店構えが特徴。